Profile
プロフィール

渡邉 富岳

渡邉 富岳 Fugaku Watanabe

略歴

1989年3月8日、静岡県富士市生まれ。
書家である母親・渡邉聖香のすすめにより6歳から書を始め、地元の名家である鈴木堯風先生に師事。高校1年生のときに恩賜賞・芸術院賞受賞者の髙木聖雨先生に師事し、現在に至る。
 
2007年に書道の名門である大東文化大学文学部書道学科に入学。2010年(大学4年生)には、学内外の書活動において特に優秀と認められた者に授与される「大東文化大学青山杉雨賞」を学科より受ける。
2013年には同大学にて修士号を取得。また、2019年に論文「『積古斎鐘鼎彝器款識』編纂協力者とその金文臨書の研究」により、同大学にて博士号(書道学)を取得。
 
大学院で書道の研究に打ち込むかたわら、2013年には日本最高峰の展覧会である「日展」に初入選。2017年には読売書法展にて奨励賞を受賞。その後も2019年に日展に再入選するなど、多数の賞を受けている。
 
2019年5月には栃木県佐野市の町おこし協力隊の依頼を受け、「仙波そば」の看板をリメイク。
2020年2月にはホリエモン万博のオープニングイベントにて書道パフォーマンスを行うなど、活動は多岐にわたっている。

Biography

Fugaku Watanabe was born in Shizuoka Prefecture in 1989.
Fugaku started calligraphy from the age of six.
The name of “Fugaku” represents Mt.Fuji in Japanese.
 
He entered Daito Bunka University which is famous for calligraphy in 2007 and obtained a doctor of calligraphy in 2019.Now he is active in a wide variety of areas such as calligraphy classes, signboard writing, logo creation and performances.
 
Requests for hands-on calligraphy classes, calligraphy performances, work productions etc. should be sent from contact form.

Contact
お問い合わせ

お問い合わせはお電話・メールフォームより承ります。
体験や見学も随時受け付けております。お気軽にご参加ください。